お供え花コンテスト初日‼

エンディング産業展。お供え花コンテスト初日にドキドキ行ってきました?
今回はコンテストに出場してるので
ドキドキなわけです…

予選通過したとはいえ
さすがに本選
素晴らしい作品の数々…

私は今回 供花リース初めての挑戦
ネットで色んなフューネラルの画像を
調べ…
やはり 王道は白系、マム、カサブランカ…
しかしながら…
完全に自分の世界に入ってしまい?
私の葬儀なら…こんなのがいいなぁ
そんな感じで 制作
近頃の エンディング、葬儀を見てたら
別に決まりもなにも?なくても…
最期も個性勝負?
…そんな感じで
やはりまた 万人受けと言うよりも
個人的趣味な…マニアックな作品になってしまったかも?
浮いてないかな…
そんな心配しながらも
とりあえず会場きたら
ご挨拶に 票集めのために あちこちに?

こちらはお世話になってる㈱オクノさんのブース。
「ペットコティ」という
ペットのお墓も販売してます?
なかなか デザインもよく
シックで素敵です?

こちらもお世話になってます
ペットの遺骨アクセサリーの
TOMONi さん
遺骨が?とは思えないほど
普通にアクセサリーとしても
オシャレな感じ?

そして来場初日の締めくくりは
ジャパンフューネラルフラワー協会
代表 岩田弘美先生の
フューネラルフラワーセミナー??

仏花にアーティフィシャルフラワー(造花)
を取り入れた
フューネラルフラワーの第一人者です?

お花ってやはりお祝いのギフトだったり
結婚式のブーケの依頼のなんて
嬉しいお仕事です?

しかしながら
葬儀にも欠かせないお花
岩田先生は
ウェディングは人生に1回だけではないかもですが
エンディングは
その人が一生生きてきた証を
最期の最期にたむける
たった一度の大切な花
この仕事にとても誇りを持った方

もちろん仏花だけでなく
家族を失い 引きこもった方が
お花のレッスンを通して 明るくなり
社会復帰されたなど
心に与える お花の影響 素晴らしさまで
様々なことを
存じ上げてる方?

その他
葬儀、その後のお花を
生花からアーティフィシャルフラワーに
変えることでの
遺族の心のストレスも軽減される
グリーフなどについて
制作される時の思いまで
心にじーんと響く セミナーでした
もちろん 供養花についてのお花だけでなく
技術について
ビジネスとしての提案まで…
とてもイベント時の1時間だけでは…
いつかちゃんとしたセミナーを
きちんと聞いてみたいものです?

そんな感動の後は
来場していたいつもの先生仲間と
同じくビッグサイトで開催されてた
シーフードフェア?
にいき?
試食まわりで
お腹まで満たされたりした 一日でした?